耐震診断とは

耐震診断とは、昭和56年(1981年)以前に建設された既存の建築物について、建物の保有する耐震性能を構造耐震指標Is値により数値で評価することです。
昭和25年(1950年)に建築基準法が制定されてから何度かの改正が行われています。何度かあった改正の中で、耐震に関する基準については、昭和46年と昭和56年に大きな改正が行われました。
昭和43年に十勝沖地震(M7.9)が発生し、それまで耐震性能が高いと考えられていた鉄筋コンクリート造(RC造)の建築物に大きな被害が生じたため、建築基準法の耐震基準が強化されました。その後、昭和53年に宮城沖地震(M7.4)が発生し、再度、建築基準法の耐震基準が強化されたのが昭和56年の改正になります。
この改正以降が現行の基準の基礎となっている『新耐震設計法』であり、この新しい設計法による建築物は、平成7年の兵庫県南部地震において比較的被害が少なかったことが報告されています。
既存建築物は、建設当時の耐震基準を満足するように設計されていまが、上記に記したとおり、耐震基準はこれまで多くの地震被害を教訓として、その後に建設された建築物が同様の被害を受けないように見直し・改正を繰り返してきました。特に昭和56年の改正以前に建設された建築物について、耐震性能の評価を行い、必要であれば耐震補強を実施することが地震災害に対する対策として重要となります。