各種現地調査

建物調査(鉄筋コンクリート編)
建物調査は、耐震診断を行う建物の履歴および現状を把握するために、現地調査・実測・試験などを行って、耐震診断に必要な形状指標・材料強度・部材断面などの諸数値に反映させるとともに、耐震診断結果の総合的な評価資料を作成するために実施します。耐震診断に必要な建物の調査は、まずは予備調査を行い、設計図書がある場合と無い場合に応じて、現地調査の調査項目を設定します。

予備調査

予備調査では、建物の概要、関係図書の有無、建築物の履歴、現地調査の可否、について原則現地にて行います。
予備調査の結果から、現地調査の内容を設定します。

設計図書がある場合と無い場合の調査

設計図書がある場合においては、第1次、2次、3次診断と診断レベルに応じて、計測し確認する部材を設定し、設計図書との照合を行うために、各階ごとに柱の断面、壁の開口形状などを調査します。設計図書が無い場合は、全部材の調査を基本とします。

配筋調査

設計図書が無い場合に、診断次数に応じて原則として、各工期ごと各階の柱、梁及び耐震壁を対象に必要数を調査します。原則として、はつり調査によることとしますが、使用鉄筋が推定される場合は、鉄筋探査機による調査としてもよいです。

コンクリートコア採取による強度試験・中性化深さ試験

コンクリートコア採取は、コンクリートの圧縮強度及び中性化深さなどを求めるために用います。
採取は原則として各工期ごとに各階の耐震壁などから3本程度採取して耐震診断計算に用います。
中性化深さ試験は、原則としてこのコンクリートコアを用いて行います。
(ヒルティ X-SCANシステム PS-1000、日本無線ハンディサーチ NJJ-105)

1次調査

1次調査では、主に第1次診断で必要となる項目について調査します。予備調査による内容を現地にて確認します。建物の内外に見られるひびわれ、鉄筋の腐食状況を目視により調査します。傾斜や不同沈下が見られた場合は実測します。必要に応じて写真撮影を行います。
1次調査では、コア採取は原則必要ありませんが、コア採取を行い強度を反映させてもよいです。
用途変更やRC壁の撤去箇所などが無いかを原設計図と照合します。耐震壁と開口位置の調査は診断結果に大きく影響するため入念に調査します。

2次調査

2次調査では、第2次、3次診断で必要となる項目について調査します。1次調査の項目に加え、構造きれつ、変形、変質、老朽化に着目して、部材の健全性を損なう現象を3ランクに分類し、現地にてチェックします。分類は定量的なものではなく、著しく悪い、悪い、やや悪いに対応するごく大まかな定性的判断によります。減点表を集計し、診断計算に用いる経年指標とします。構造体に重要な影響を与えるようなひび割れが多く観察された場合は、耐震診断とは別途に詳細なひびわれ調査を行う必要があります。
不同沈下によって生じるひびわれは沈下の少ない部分から沈下の大きい部分に向かって斜め上方を指す方向に生じます。このことから壁面に生じているひびわれパターンによってどの方向に大きく沈下しているかを推測することができます。不同沈下が生じていると判断された場合には、レベルなどにより相対沈下量を測定することとなります。この場合、計測値から各階の変形傾向と各階の沈下量の平均値を観るなどをして建物全体としての変形を把握します。レベルによる測定は、実状は施行誤差を測定している場合が多いようです。目視調査により不同沈下が生じていないと判断された場合には、敢えてレベルによる調査は必要ないと思われます。
エキスパンションジョイント部は、設計上も所要の間隔が確保されていないことが多いことや、設計上考慮されていても、施工状況や精度が悪く、設計図書通りに施工されていない場合が多いです。したがって詳細が設計図書に記載されていても現況の確認をできる限り行います。対象建物の周辺に擁壁やがけがあるか。ある場合は敷地のどの位置にあり、それが高いか低いかを記録します。測定できれば高さを測定し記録します。

コンクリート材料、鉄筋材料について

コンクリートの強度確認には、コアによる圧縮強度試験とシュミットハンマーによる強度試験とありますが、原則としてコアによる圧縮強度試験を採用し、シュミットハンマー試験結果はコア圧縮強度試験を補完する目的が望ましいです。
コア採取に用いる径は、原則として10cmとしますが、「JISA1107:2002コンクリートからのコアの採取方法及び圧縮強度試験方法」にならい、配筋状況、壁厚などの理由からコア径を8cmとする場合もあります。コア本数を各工期ごとに3本以上採取し、各階のコアの平均値から標準偏差の1/2を差し引いた値を推定強度として算定します。
コンクリートの中性化深さ試験は、コアの圧縮試験を行った後に、コアを割裂させて、割裂面にて中性化試験を行います。中性化深さは、仕上面を除いた躯体からの最大寸法を採ります。中性化の結果はコンクリートのかぶり厚さ30mmを基準として、診断建物の経年数より推定される中性化深さなどを考慮して、変質・老朽化の程度を判定し、経年指標に反映させます。