各種現地調査

建物調査(鉄骨造編)
建物調査は、耐震診断を行う建物の履歴および現状を把握するために、現地調査・実測・試験などを行って、耐震診断に必要な形状指標・材料強度・部材断面などの諸数値に反映させるとともに、耐震診断結果の総合的な評価資料を作成するために実施します。耐震診断に必要な建物の調査は、まずは予備調査を行い、設計図書がある場合と無い場合に応じて、現地調査の調査項目を設定します。

予備調査

予備調査では、建物の用途、確認申請・竣工の時期、新耐震設計法か否か、階数、高さ、各階床面積・階高、架構形式、立面、平面の特徴、外壁や間仕切り、屋根、床の仕様、使用履歴、被災歴、外観劣化状況をなどから、診断の可否や方法を決めます。

適用基準

主に鉄骨造建物の耐震診断では、「耐震改修促進法のための既存鉄骨造建築物の耐震診断および耐震改修指針・同解説」、「屋内運動場等の耐震性能診断基準」を用いることが多いです。

実態調査

鉄骨造の建物では、接合部の耐力によって決まる場合が多く、接合部の状況が設計図書とどの程度異なっているかを調べ、接合部耐力をできるだけ正確に求めるための資料とします。
設計図書が無い場合は、調査箇所を増やすなどの対応をします。

調査部位と内容

柱のスパン、階高などの構造体の主要な寸法と軸組、筋違などの構面数について確認します。主要な部材は、断面形状、板厚、部材軸方向などについて、設計図書と相違ないか確認します。板厚の測定には、ノギスや超音波厚さ計を用います。
梁端部における梁フランジと柱またはダイアフラムとの溶接部は、設計図書では完全溶け込み溶接となっている場合が多いですが、製作時に部分溶け込み溶接やすみ肉溶接となっている場合があるので調査を行います。エンドタブ、裏当金、スカラップ等を目視確認し、目視での判断が難しい場合には、超音波探傷器により検査をします。
隅肉溶接の耐力は脚長によるため、代表的な隅肉溶接部において脚長を測定します。
ボルト接合が梁継手、筋違端部において使用されている場合は、ボルトの種類、径、本数、ピッチ、端あき、縁あきを調査します。ボルト種別についても確認します。
ダイアフラムについて、形状と寸法、板厚を測定し、設計図書と相違ないかを確認します。
著しい劣化が見られる場合には、部材、接合部に、錆等による断面の減少が考えられますので、このような場合には、板厚の測定とともに部材の位置と数量について調査記録します。
柱脚について、現状が設計図書通りかどうかの検討が必要です。露出形式の場合は、ベースプレートと柱との溶接部、ベースプレートの形状と寸法、板厚、補剛状況、アンカーボルトの配置、径、本数、基礎コンクリートの立ち上がり部の形状と寸法、ベースプレートと基礎コンクリートとの取り合い状況、などが調査項目です。根巻き柱脚においては、必要があればコンクリートを斫り、内部の鉄筋の状況を確認しますが、通常はそこまでの調査は行いません。埋め込み柱脚の場合は、埋め込み長さが需要ですが、通常は調査が困難である為、その他の状況から原設計図との整合性を判断して、埋め込み長さ等を推定することとします。